ホーム >> ニュース >> ロレックス スーパーコピー GMT機構 第2回「GMTウォッチ Part.1」
ロレックス スーパーコピー GMT機構 第2回「GMTウォッチ Part.1」
リリース日:2017-5-25 10:30:32

ロレックス GMT機構 第2回「GMTウォッチ Part.1」

ロレックス スーパーコピー GMTウォッチの基本的な表示の区別は、12時間表示のほうは行く先々のタイムゾーンに合わせて変更するローカルタイム、24時間表示のほうは変更しないで表示させるホームタイムだ。メインの針が表示しているのが今自分がいる場所で使う時刻であり、自分が今いない別の場所の時刻は「セカンド」として扱う。そして回転ベゼルは、両者を媒介する時差調整器である。これを利用して「セカンド・タイムゾーン(第2時間帯)」を表示する仕方には、さらにこんな応用も可能だ。

 先のロンドン旅行の際に、GMTの起点となるホームタイムを東京に設定した。しかし、必ずそうしなくてはならないわけではなく、回転ベゼルでまた別の時差設定を行えば、ニューヨークなどの世界の別地域の時刻を表示させて使うこともできる。そうした参照時間という意味で、セカンド・タイムゾーンをホームタイムと限定せずに「リファレンス・タイム」と呼ぶこともある。

 ロレックスは1983年になって「GMTマスター」を一段と使いやすく改良した「GMTマスターⅡ」を発表した。初代「GMTマスター」との違いは、ムーブメントが動いている状態で分針や秒針に影響を与えることなく、リュウズ操作によりメインの時針のみを素早く前後に動かせるようになった点である。1時間単位で移動が可能なメインの時針は、時差に対応する仕組みになっており、時差修正(タイムゾーン変更)がいとも簡単にできるのである。先の東京とロンドンの例でいえば、東京からロンドンに移動したら、時針だけを9時間戻せばローカルタイムの表示になるから、GMT針で東京のホームタイムを表示させるのに、回転ベゼルで時差を調整する必要はなくなった。

GMTウォッチの基本的な表示の区別は、12時間表示のほうは行く先々のタイムゾーンに合わせて変更するローカルタイム、24時間表示のほうは変更しないで表示させるホームタイムだ。メインの針が表示しているのが今自分がいる場所で使う時刻であり、自分が今いない別の場所の時刻は「セカンド」として扱う。そして回転ベゼルは、両者を媒介する時差調整器である。これを利用して「セカンド・タイムゾーン(第2時間帯)」を表示する仕方には、さらにこんな応用も可能だ。

 先のロンドン旅行の際に、GMTの起点となるホームタイムを東京に設定した。しかし、必ずそうしなくてはならないわけではなく、回転ベゼルでまた別の時差設定を行えば、ニューヨークなどの世界の別地域の時刻を表示させて使うこともできる。そうした参照時間という意味で、セカンド・タイムゾーンをホームタイムと限定せずに「リファレンス・タイム」と呼ぶこともある。

 ロレックスは1983年になって「GMTマスター」を一段と使いやすく改良した「GMTマスターⅡ」を発表した。初代「GMTマスター」との違いは、ムーブメントが動いている状態で分針や秒針に影響を与えることなく、リュウズ操作によりメインの時針のみを素早く前後に動かせるようになった点である。1時間単位で移動が可能なメインの時針は、時差に対応する仕組みになっており、時差修正(タイムゾーン変更)がいとも簡単にできるのである。先の東京とロンドンの例でいえば、東京からロンドンに移動したら、時針だけを9時間戻せばローカルタイムの表示になるから、GMT針で東京のホームタイムを表示させるのに、回転ベゼルで時差を調整する必要はなくなった。

ここで、センターに12時間表示のメイン時針と24時間表示のGMT時針の2本を置くタイプの典型的なパターンをざっと分類整理してみることにする。

■24時間目盛り:GMT機能によるホームタイム表示
 a) 回転ベゼル
 b) 固定ベゼル
 c) ダイアル

■メイン時針の移動
 a) リュウズによる通常の針回し
 b) リュウズもしくはプッシュボタンにより1時間単位の単独移動が可能

■GMT時針の移動
 a) メイン時針の時差修正を行った際に調整が必要
 b) メイン時針自体で時差修正する場合は不要


 歴史的なモデルも現行品も、GMTウォッチは、おおよそこのような項目を組み合わせたモデルである。2本の時針のうち、GMT時針も12時間周期で動くという変わったケースもある。この場合は2つ表示される時刻どちらがローカルタイムでどちらがホームタイムなのか区別しづらくなるから、午前と午後の別がわかるデイ/ナイト表示を追加する場合もある。

 グローバル時代の実用複雑機能として注目されるGMT機構は、ここまで述べてきたロレックスからインスパイアされたタイプの他に、多種多様なバリエーションが存在する。次回はそれらにスポットを当て、それらの独創性や実用性についてさらに考察する。

ロレックス スーパーコピー GMT機構専門店



HP未掲載ブランド品でもスーパーコピー時計の詳細イメージを送っていただければ、在庫を確認してご連絡いたします。ご質問があればオンラインのサービスと問い合わせてください。 サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社クレッジに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。

Copyright© www.mmtokei.com All Rights Reserved. スーパーコピー時計専門店!